身体にフィットしたブラジャーを見極めるならサイズや形に注目

バストを刺激から保護

素材や構造に注意

レディ

女性のバストはデリケートです。なので、自身に最適なブラジャーを選択して着用しなければいけません。なぜなら、ブラジャーのデザインや素材、カップによっては、着用することでかえってバストに刺激を与えてしまいます。たとえばザラザラとしたレースが多く使われている上に、カップ数の小さなブラジャーを着用した場合、摩擦によって肌が荒れやすくなるのです。これを防ぐためには、ポリエステルやシルクといった肌に優しい素材で作られているブラジャーを着用することが大事です。もちろんカップ数も、バストサイズに合わせて選ぶ必要があります。ただしジャストフィットしていると、汗によって肌がかぶれてしまうこともあります。その場合は、やや大きめのカップのブラジャーを選び、余分なスペースに汗取りパッドを入れておきます。そうすることで、サラサラとした肌触りが長続きすることになりますし、さらにはパッドによってサイズアップして見えるようになるのです。中には、ブラジャーのワイヤーやホックが食い込むことで肌が荒れるという人もいます。これは、ノンワイヤーやノンホックのブラジャーを着用することで、解消が可能となります。このようにブラジャーは、素材やカップ数、構造を厳選することで、より快適に着用できるようになるのです。多くの女性は、人生の半分以上をブラジャーを着用した状態で過ごします。だからこそ、ブラジャーをベストチョイスするよう心がけることが肝心と言えます。

パッドや肩紐やホックで

バスト

バストサイズと合わないカップのブラジャーを着用していると、美容面でも健康面でもトラブルが発生しがちになります。具体的には、バストに対してカップが大きすぎる場合は、バストは形状が安定しないことから垂れやすくなります。逆にカップが小さすぎる場合には、血行が悪くなることで、バストの成長が阻害されたり肩こりが生じやすくなったりするのです。こういったトラブルを回避するためにも、ブラジャーはバストに程良くフィットするものを選ぶことが大事です。しかしバストサイズは、体調やホルモンバランス、疲労の度合いなどによってわずかに変化します。そのため1週間前にはフィットしていたはずのブラジャーが、急にきつくなってしまうこともあります。そのような場合の対処法として、多くの女性がパッドを使用しています。ブラジャーとバストとの間に多少の隙間がある場合にはパッドを入れ、きつくなってきた場合にはパッドを取り出すのです。ブラジャーの中には、内側がポケットになっていて、パッドを出し入れできるタイプのものもあります。これを着用すれば、体調などに合わせてカップを自在に調節できるため、バストに負担を与えずに済みます。また肩紐を調節できたり、ホックが3段階ほどに分かれていたりするブラジャーもあります。バストがきつい時には肩紐を長く、アンダーバストが苦しい時には外側のホックを留めることで、それぞれフィットしやすくなります。とはいえ、バストサイズとカップとに極端な差がある場合は調節が難しいので、ランジェリーショップでは必ず試着してからブラジャーを購入することが大事です。

正しくサイズを計測しよう

ウーマン

一見ブラジャーは胸の形に添ったものを選べばいいと考えられがちですが、実は全く異なり、必ず試着して買うべき物のひとつです。恥ずかしいからと出かけずに適当なカップを選ぶ人が少なくありませんが、正しく胸のサイズに合った物を選ばないと、胸の肉が垂れたり脇に流れます。正しくカップを計測してブラジャーを買い、毎日身につけることで、将来胸のサイズをキープできる可能性が高いでしょう。計測して最良の形を選ぶ事が肝心で、方法としては、胸を下からつかんで持ち上げ、アンダーとトップを計ります。専門店では購入前に係員が胸のサイズを計測してくれるため、問題なく最良のサイズを手に入れられるでしょう。約7割の女性が正しいサイズのブラジャーを身につけておらず、自分のカップ数を勘違いしています。一度正確にカップ数を計測することで、定期的に胸を守るための正しいブラジャーを買うことができるでしょう。正しいサイズのブラジャーを正しい方法で身につけることによって、肩こり症状の緩和や、体のバランスにも影響を及ぼす事が少なくありません。毎日身につけるものだからこそ、一度予約を入れて信頼できる会社で計測しておく事がきれいに見えるポイントといえます。身につけるものによっては体のラインが崩れてしまう恐れがある為、若いうちから自分のサイズに見合ったものを身につけましょう。安心して身につけられるものを使うことで、動いてずれる心配やはみ出る心配がなくなります。