身体にフィットしたブラジャーを見極めるならサイズや形に注目

ママファッションのこと

子供が安心な着こなし

レディ

ママスーツを上手に着こなしたいなら、鏡の前でしっかりとボディラインをチェックしましょう。女性らしさを大切にしたデザインで、かつ着ていて苦しくないものを選びましょう。ママスーツを着る機会としては、子供関連の行事の割合が多くなります。ですから、親としてのきちんと感と女性としての品性を良く見せてくれるようなママスーツが選ばれています。周囲に好感を持たれるようなママスーツこそが子供のためには何よりの着こなしではないでしょうか。色は、正統派のネイビーやグレーに加えて、パステルカラーもお勧めです。行事の内容も考えながら、他のママとの間で浮いてしまわないような落ち着いた色味が正解です。スカートスーツだと可愛らしい印象があります。優しい雰囲気と柔らかさが強調されて、誰からの愛されるママスタイルに貢献してくれます。パンツスーツだと、行動派なイメージがあります。動きやすく知的なママに映るでしょう。ワンピースとジャケットのスーツには、華やかさという表現が似合います。お腹回りにゆとりができるので、妊娠中のママが着るのにも適しています。生地は肌触りの良い伸縮性のある生地だと楽に着られます。子供の世話をしたり、お手伝いをしたりと動くことも多いので、かっちりしすぎるスーツでは動くのが窮屈で疲れてしまいます。また好感度を考えるなら、柄物の生地もお勧めしません。柄のある生地ではカジュアル感が出てしまったり、派手な感じを相手に与えてしまいがちです。そのため、なるべく柄物は避けるようにし、無地のママスーツを選ぶようにしましょう。

着まわしがきくデザイン

婦人

入園式や卒園式のためにママスーツを購入するなら、派手にならない程度の華やかさを意識して、上品なデザインを選びましょう。子供が主役のセレモニーなのに、ママが派手で自己主張が強いと、ママだけでなく子供まで良い印象に思われません。派手イコールおしゃれではないので、子供のためにも上品なデザインのママスーツにコサージュやアクセサリーでさりげなくドレスアップしてはどうでしょうか。ほんのりとラメの入ったツイード素材のママスーツは、色んなセレモニーに使えて着まわしがきくので、コスパ最強のママスーツといえます。黒や紺のように暗い色だと卒園式向きなのですが、ほんのりとラメが入っていることで、白やパステルカラーの明るいインナーと合わせて入園式にも使えます。ツイード素材のジャケットを膝丈のワンピースに合わせても良いですし、デニムに合わせて普段のファッションを少しよそ行きにすることもできます。ママスーツのスカートだけを使って、ブラウスやカーディガンと合わせたコーディネートにすれば、個別面談や食事会にもピッタリです。ママスーツには色んなデザインがありますが、ジャケットとスカートのセットアップになっているものが、一番使いやすいのではないでしょうか。スカートの丈が膝よりも短かったりタイトすぎたりすると、水商売っぽくなってしまうので、スカートは膝丈の台形かフレアが無難です。セレクトショップやデパートで選ぶと店員さんがアドバイスしてくれるので、デザインに迷ったら店員さんに相談してみましょう。

お得な価格で購入する

ウーマン

ママスーツとは、子どもの入学式や卒業式などで着るスーツのことを指します。企業で働いてない人だと着慣れていないために、どんなものを選んでいいか分からないことも多いです。入学式や卒業式では子どもたちが主役です。親はサポート役としての役目を果たすために、ママスーツはあまり派手ではないデザインを選ぶことをおすすめします。また、子どもたちは同じ年齢ですが、親たちの年齢には幅があります。どの世代にも好感が得られるように、ママスーツは紺などのきちんとしたイメージがあるものを選びます。指輪やネックレスなど外す必要もないですが、控えめで上品にまとめるようにします。入学式や卒業式などでしかママスーツを着ないという人は、ママスーツにあまりお金をかけたくないと思うのは当然です。セール品やインターネットなどで探せば1万円以下でそろえることもできます。安価なスーツでは安っぽくて恥ずかしいと思いがちですが、あまり着ないのであれば安価なものでも安っぽくはなりません。高級品は着続けていても型崩れしなかったりたるみにくいというのが特徴なので、着る回数が少ないのであれば、特に差はありません。入学式は春の季節なので、紺など暗い色は避けたいと思うのであれば、白やピンクのジャケットを購入します。いちいち使い分けるのは面倒だというのであれば、胸に明るい色のコサージュをつけることで華やかさを演出できます。きちんとした印象を持つためには、服装だけでなく髪型も大事です。入学式の当日や前日は子どものことでもバタバタしてしまいがちですが、時間を見つけて美容院に行くことをおすすめします。